お米の常識を変える革命的なブランド米が登場します。【 五百川 】

育成スピードの速さ、優良食味を兼備えた新品種です。育成スピードの速さ、
優良食味を兼備えた新品種です。

8月に新米が登場します。いきなり本格派の美味しさ!
お米の一番食味の落ちる夏場に新米が楽しめます。しかも銀シャリで非常に美味しいお米です。山梨県のお米の常識「新米は10月」が変わります。新しい市場ができます。

五百川のパッケージ写真

本商品のパッケージデザインは

商標登録証:登録第5941316号

商標登録証:登録第5941317号

平成29年4月21日登録

新品種「五百川(ごひゃくがわ)」が平成二八年、国の認可を受け、山梨県産五百川として登場いたします。

山梨県から久しぶりの期待の新品種となります。

平成27年末、山梨県の銘柄設定意見聴取会では、満場一致で推奨され、平成28年に晴れて山梨県の選択銘柄として認可されました。  
平成29年には、平成28年より作付面積も約2倍に増え、一般消費者への認知度向上がさらなるブランディングの鍵となりそうです。


「五百川」の命名の由来

「時は南北朝時代(一三三四年頃)、京都の美しい公家の娘が難病にかかり苦しんでいたところ、不動明王のお告げ『都より数えて五百本目の川をのぼりしところに霊泉あり』により、困難辛苦を乗り越え、現在の磐梯熱海温泉に辿り着き、無事全快して京の都に戻ることができた。」という伝説があり、その川の近くで育種されたことから「五百川」を品種名として登録されました。

品種の特徴品種の特徴

稲穂の写真

農林水産省 品種登録 第19832号「五百川」(ごひゃくがわ)は、品種「コシヒカリ」を選抜して作られました。

「コシヒカリ」を栽培すると、稲の中にとても速く成長する稲が現れます。この稲だけを選抜して、数年かけて育成し、品種として安定させたのが、「五百川」です。

「五百川」の最大の特徴は、生育が非常に速いという点にあります。約3カ月で登熟(出穂のあと成熟していくこと)いたしますので、7‐8月の新米の収穫を可能にする画期的な品種となります。お米の一番美味しくない夏期に、いきなり本格派の美味しい新米を楽しむことができます。

この「五百川」は、「コシヒカリ」を選抜方式で品種改良をしましたので、食味はまさに「コシヒカリ」、いやそれ以上といえるかもしれません。通常、5月上旬に田植えをし、台風の到来シーズン前の8月に刈り取りを行うことで、自然災害の影響を受けにくく、品種的特徴として、背丈が短いため、倒れにくく品質のいいお米が収穫できます。

また、栽培期間が短いという特徴は、二期作・二毛作を可能にし、稲作農業に生産性の向上と生産者の所得向上を可能にすると考えられ、生産面においてもスーパー品種といえます。

登録品種の植物体の特性の概要
(専門的特徴)

葉耳のアントシアニン色は無、止葉葉身の姿勢(初期観察)は半立、出穂期(50%出穂)は早、稈の長さ(穂を除く、浮稲を除く)は中、主軸の長さはやや短、穂数はやや多、芒の分布は先端のみ、外穎の毛茸の多少(小穂)はやや中、外穎先端の色(ふ先色)(小穂)は白、主軸の湾曲程度は垂れる、穂型は紡錘状、成熟期は早、穎色は黄白、護穎の長さは中、護穎の色は黄白、籾1000粒重はやや小、穎のフェノール反応は無、玄米の長さは中、玄米の幅は中、玄米の形は半円、玄米の色は淡褐、玄米の香りは無又は極弱、葉の緑色の程度は中、柱頭の色は白、稈の太さは中、芒は有、芒の色(初期観察)は黄白、最長芒の長さはかなり短、穂の抽出度は穂軸もよく抽出、胚乳の型は粳、胚乳のアミロース含量は4型、穂発芽性はやや難、耐倒伏性は弱、脱粒性は難、いもち病抵抗性推定遺伝子型は+、穂いもちほ場抵抗性は弱、葉いもちほ場抵抗性は弱、蛋白質含量は中である。

出願品種「五百川」は、対照品種「コシヒカリ」と比較して、出穂期(50%出穂)が早であること、稈の長さ(穂を除く、浮稲を除く)が中であること等で区別性が認められる。 対照品種「ひとめぼれ」と比較して、出穂期(50%出穂)が早であること、成熟期が早であること等で区別性が認められる。

五百川ができるまで五百川ができるまで

一

5月、田植えが始まりました

二二

生育が早い分、水管理などか楽といわれております。

今年一番の新米を願って!!

二二

稲が黄金色になってきました

田植えから100日弱での収穫できるため台風被害も少ない。

二二

炊飯器を開けたとたん新米のいい香り。

あっさりとした甘みと、口にほのかに残る風味。精米時の一粒一粒の張りも良く、透明感ある艶。

他との違い他との違い

山梨県での農産物の特性及び
生育の特性

中間地域(北杜市:標高620m)における5月中旬の移植での出穂期は7月中旬、成熟期は8月下旬で、早晩生は「コシヒカリ」より1ヶ月程度早い“極早生”である

「コシヒカリ」に比べ短稈で、耐倒伏性に優れる。

穂長はやや短く穂数もやや少ない“中間型”である。千粒重はやや小さいが、外観品質は同等に良い

玄米タンパク質含有率は高い。穂発芽性はやや難。葉いもち、穂いもちの圃場抵抗性はともに「コシヒカリ」と同様の“弱”である。

山梨県で栽培された品種に係る
品種鑑定上の特徴

項目
品種名:五百川
他の主要品種
との比較
粒形
短楕円形で若干小粒
コシヒカリに比べ短く、やや小粒
色沢
飴色で光沢がある
コシヒカリに比べ飴色が強い
皮部の厚薄
皮部はやや厚め
コシヒカリに比べ厚め
心白・乳白の発現の程度
発生程度は低い
コシヒカリに比べ発生程度は同じかやや低い
縦溝の深浅
縦溝は浅い
コシヒカリに比べ縦溝は同程度
胚の大小及び胚の形
中形
コシヒカリに比べやや小形
千粒重
21.7
23.6(コシヒカリ)

お取扱いをご検討なさっている販売店様・生産者様へお取扱いをご検討なさっている販売店様・生産者様へ

お取扱いをご検討なさっている
販売店様・生産者様へ

お釜で炊飯している写真

品種「五百川」は、平成27年12月に行われた山梨県の銘柄設定等意見聴取会を経て、平成28年3月に正式に山梨県産五百川が選択銘柄として登録されました。

品種「五百川」は、「山梨県産五百川」の銘柄で平成28年産よりJAS表示での記載することができるようになりました。店頭販売を始め、業務用米として取扱ができます。


「五百川」は、その品種的特徴として、約3カ月という育成期間を利用して、8月に新米をいただくことができます。お米の食味が一番美味しくなくなる夏期に美味しい新米が登場します。


山梨県の新米は、梨北米コシヒカリが基準になるため、通常の新米は10月初旬を待たなくてはなりません。したがって、「五百川」の登場は、この新米の常識を変えます。山梨県に早場米の考え方を導入することとなります。

8月から10月初旬にかけて、山梨県に早場米の新市場を創造することとなります。


一方、「山梨県産五百川」は、首都圏を中心とする早場米市場に参入するチャンスをもたらします。

近年、九州の早場米が地球温暖化の影響を受け、品質を劣化する中、首都圏に近い山梨県より首都圏の早場米を供給することができるようになれば、「山梨県産五百川」は2つの早場米市場への可能性を広げることとなります。


また、コシヒカリの変異株であるため、その食味は、コシヒカリに劣りません。非常においしいお米ですので、消費者に人気となることには自信があります。


平成29年産の五百川は、昨年28年産の収量の約2倍を見込んでおります。今後、早場米市場が成長するとともに一般消費者の認知度も向上され、さらなる市場の拡大が予想されます。


本品種で使用されている文字やデザインは、許可なく使用できませんので、ご注意ください。

生産をご検討なさっている生産者様へ

お釜で炊飯している写真

本品種「五百川」は、育成時間がかなり短く、背丈は短く、8月に収穫できるため、台風への影響を受けにくいのが特徴となります。食味も「コシヒカリ」からの選抜ですので、かなり良好で商品的価値は高いといえます。欠点としては、収穫が早いため、スズメの被害の報告を受けております。


本品種「五百川」は、平成28年産より検査することが可能になった銘柄です。JA梨北・JA甲府・JA中巨摩東部・JAクレインで検査が可能となっております。平成29年産よりJAこまの・JA西八代でも検査可能になりました。品種登録者の鈴木清和氏により、種取り・転売等は禁止とさせていただきております。種子に関しましては、覚書等が必要になります。詳しくは下記よりお問い合わせください。また、営農指導等に関しましては、各JAにとって新品種となるため、実績を積みながらの指導となります。詳しい質問等は、下記よりお問合せいただきましたら、育成経験者や鈴木氏よりお答えいたします。


本品種は、比較的高値で販売できる早場米市場への参入を可能としているため、所得を増やすことが可能となります。また、二毛作や二期作の可能性を広げるため、稲作生産のみならず、その他の農作物の収穫を可能にします。したがって、農業従事者の生産性や所得を向上させていくことが可能になります。


平成28年8月9日、山梨県で最初の稲刈りを長坂町で行いました。YBS放送・テレビ山梨・山梨日日新聞等により報道されました。

FM Fuji ロゴ

吉字屋穀店の「五百川」プロジェクト推進事業部は、
FM富士グリーンプロジェクトを応援しています。

お問い合わせお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
本社

株式会社吉字屋穀店

新ブランド「五百川」プロジェクト」推進事業部

〒400-0863 山梨県甲府市南口町3番8号

TEL 055-233-6775